健康、美容、暮らし
*

バイトテロも青春の1ページ!? 世のバカ男子を減らす活路は「ギャハハ女子」にあり(週刊女性PRIME)

(公開: 2019年02月25日)

[ 元の記事 ]
出典元: 不適切動画を助長させるのは「ギャハハ女子」!?

連日ニュースを賑わせている“バイトテロ”が止まらない!  なぜ若者たちは不適切動画をSNSにアップしてしまうのか、この騒動に終わりはないのか……。放送作家でNSC東京校の講師も務める野々村友紀子がぶった斬る! 

* * *

 枯れることのないバカの泉から湧き出るかのごとく、毎日毎日溢れ出すバカッターにバカスタグラムのバイト君たち。

 え? 世の中って、こんなにバカが溢れてたっけ? こんなに連日ニュースでやっているのに、なんで? この子達の家にはテレビがないのかな? それとも、想像力がないのかな? おいおい日本、大丈夫か? と、思わず首を傾げてしまう日々ですね。

 メディアでは賢い人たちによって「どうすればこのような行為は減るのか」という議論が繰り広げられていますが、賢い人はきっとこんなことをするわけないので、その心理もわからないんじゃないでしょうか。私もいろいろ考えましたよ。バイト採用者には、お店側から「万が一不適切な行為をして店に損害を負わせた場合、即裁判、きっちり損害賠償払ってもらうからな! ええな!」という内容の誓約書にサインしてもらってからシフト組む、とか、携帯スマホはロッカーに必ず入れて仕事場に一切持ち込めないようにする、とかね。

 まあでも、そうしたところで結局、ああいう行為自体は絶対減りはしないんですよね。あれはもう、ただの若者の行き過ぎた「悪ノリ」ですから。もし今回、損害賠償を支払うことが現実となれば、SNSにあげるバカはさすがに減るかもしれませんが、こっそりとしょーもないことをやるバカは後を絶たないし、動画も撮り続けますよ。

 だってこんなにテレビで連日やってて、今熱いんだもん。バカバケツリレーみたいなもんです。彼らにとっては、バカな行為も、SNSの炎上も、バイトをクビになるのも、青春の1ページくらいにしか考えていないですよ。そんな誰も得しない、しょーもない青春の1ページのために、企業が今まで必死になって積み上げてきた信頼を一瞬にして壊されてしまうなんて、たまったもんじゃないわ!