健康、美容、暮らし
*

板野友美 塩野瑛久への目覚めのキスに「ドギマギした」(東スポWeb)

(公開: 2019年02月25日)

[ 元の記事 ]
出典元: 板野友美

「AKB48」元メンバーで歌手の板野友美(27)が23日、都内で11枚目のシングル「すき。ということ」(キングレコード)の発売記念ライブを開催。前作に続き自身作詞の新曲に加え、カップリング曲「君。」などを披露した。

 交際前のピュアな気持ちを歌った新曲の作詞について「とってもかわいらしく、せつなく甘いラブソング。今の恋愛観というよりは若かった10代の頃のもので、昔のことを思い出すのが一番難しかった」と振り返った。

 ミュージック・ビデオ(MV)は「楽曲とは設定が異なり、2年ぐらい交際した恋人との日常を描いた全編ドラマ仕立て」。公開初日で70万回、現在160万回以上再生されて話題になっており、イベントには相手役を演じた俳優・塩野瑛久(24)も登場し、トークを行った。

 板野は「目覚めのキスで起こすというシーンにドギマギした」そうで、塩野も「結構緊張した」。また、シャワーで頭を洗い合う場面は、シャンプーだと思ったのがボディーシャンプーだったとか。「洗い流したら2人とも髪がバッサバサになった」(板野)と撮影の裏話も披露した。

 ちなみに、板野がときめく仕草は「頭ポンポン」だといい「監督の台本に入っていなかったので、MVではそういうシーンはなかった」とちょっぴり残念そう。

 先日、一般男性との結婚を発表したAKB48元メンバーで女優の篠田麻里子(32)に向けて、ツイッターで祝福の言葉を贈った。今後、誰を思い出してラブソングを書くのか?が気になるところだ。