健康、美容、暮らし
*

NGT48劇場の前支配人・今村悦朗氏 “不適切ツイート”発端に「契約解除」の裏(東スポWeb)

(公開: 2019年03月11日)

[ 元の記事 ]
出典元: 山口真帆

AKB48やNGT48などを運営するAKSが7日、公式サイトで前NGT48劇場支配人の今村悦朗氏との契約を解除すると発表。また、AKB48劇場支配人の細井孝宏氏も退任する。NGTメンバー・山口真帆(23)への暴行事件で第三者委員会が調査中にもかかわらず6日夜、元AKBグループの総支配人がツイッターに不適切な投稿をしたことを受けての決定。いったい何が起こったのか――。

 公式サイトに同社の代表取締役・吉成夏子氏、運営責任者兼取締役・松村匠氏の連名で「本日、AKSは、昨夜の元関係者のツイッター投稿を受け、NGT48に関する事案について第三者委員会にて調査中であるにも関わらず、立場ある人間が不適切な行動をしてしまったことを、会社として厳粛に受け止め、前NGT48劇場支配人今村悦朗との間の契約を解除するとともに、AKB48劇場支配人の細井孝宏の退任を発表いたします」と報告した。なおAKB48劇場支配人は、いったん空席とすることも発表された。

 事の発端は6日夜、元AKB48劇場支配人の戸賀崎智信氏がツイッター上に、今村氏、細井氏との酒席での3ショットとともに、昨年12月に起こったNGTメンバーの山口真帆への暴行被害事件について行った投稿(現在は削除)。事件は第三者委員会の調査中にもかかわらず、戸賀崎氏は「色々聞いた。みんなぐたらない報道に惑わされないように。」(原文のまま)とのメッセージを写真と併せて掲載した。

 さらに、戸賀崎氏は「まぁ後で全部わかるよ。なにも心配しなくて大丈夫」「大丈夫。今村さんが近いうちにちゃんと、報告するよ。きっとね」などと述べたが、その後、一連の投稿をすべて削除した。これにネット上で批判の声が噴出していた。

 公式サイトでは続けて、「この度の一連の騒動において、多くのご批判の声を頂いているところ、上記ツイッター投稿に関してもさらにご叱責を頂いております。こういった皆様からの声に真摯に耳を傾け、ファンの皆様にもう一度心から愛されるグループを目指し、自らを変革して参りたいと存じます」と省み、「改めて不快な思いをされた全ての方に深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 いまだ騒動が沈静化していない状況でのまさかの不適切な投稿。被害者である山口もツイッターで一般ユーザーからの批判的な投稿をリツイートし、不快感を示した。

 投稿を削除した戸賀崎氏は7日、「状況も考えず軽はずみな投稿したこと、取り返しのつかないことをしたと反省しています」とつづった。

「グループ内部からも3人に厳しい声が続出し、処分も当然といった雰囲気。細井氏は、吉成代表取締役が手腕を買ってAKB支配人に抜てきしただけに、“裏切られた”という怒りは想像に難くない。事件当時、NGT劇場支配人だった今村氏は事件後、ファンの前に姿を見せてもいない。説明責任を果たしていない中で、飲み会で事件について話したことも批判は免れない」(芸能プロ関係者)

 戸賀崎氏の「今村さんが近いうちにちゃんと、報告するよ」などの発言は、第三者委員会の発表前に“情報漏れ”を思わせる文面でもある。

 ただ戸賀崎氏なら“さもありなん”という声があるのも事実だ。

「親分肌のところがあり、お酒が大好きで飲むと気が大きくなる。元スタッフという気軽さもあり、今村氏らを戸賀崎流でフォローしようとした行動だとは思う。しかし多くのスタッフが必死にグループを立て直そうと動いているところ。みんな、『なぜ自ら壊してしまうのか…』と悔しい思いをこぼしている」(AKB48グループ関係者)

 酒席とはいえ、取り返しのつかないことをしたのは間違いない。

【特大ブーメラン突き刺さった戸賀崎氏】戸賀崎氏の今回の投稿に、ネット上では“ブーメラン”との指摘もなされている。

 同氏のツイッター(アカウント名は「とがちゃん」)では2月、飲食チェーン店などで相次いだアルバイト従業員の不適切動画の話題に触れ、「もはやテロだよ」と発信。続けて「バカッターやあほなyoutuberにガチで一回色々教えてやりたい」とつぶやいた。

 その本人が“ツイッター禍”を起こしてしまったとあって、「わざわざツイートしなきゃよかったのに」「これバイトテロでしょ」「元支配人テロやな」などと突っ込まれるハメに陥ってしまった。