健康、美容、暮らし
*

凡ミスをするAI 新しい「種」とどう付き合うか?(THE PAGE)

(公開: 2019年03月13日)




[ 元の記事 ]
出典元: チェス、将棋に続いて囲碁の世界でもAIがトッププロを打ち負かすようになった(写真:アフロ)

『われはロボット』『鋼鉄都市』などの作品で知られるSF作家、アイザック・アシモフは「コンピューターの人間らしくない部分は、一度適切にプログラムされ、スムーズに機能するようになると、完全な正直者になるところだ」という言葉を残しました。今、何かと話題になっているAI(人工知能)はどうなのでしょうか?

 建築家で、文化論に関する多数の著書で知られる名古屋工業大学名誉教授・若山滋氏は、AIについて「ミスをしないというコンピューターの長所を切り捨てたときに誕生した新しい『種』」といいます。新しい種と人間の関係はどのようなものになっていくのでしょうか。若山氏が独自の視点で論じます。