健康、美容、暮らし
*

大川小 “奇跡の生存者”「忘れることも必要」と言えるようになった、てっちゃんの8年間(週刊女性PRIME)

(公開: 2019年03月14日)




[ 元の記事 ]
出典元: 午後3時36分40秒─この時刻で止まった大川小の時計

宮城県石巻市の大川小学校(当時、全校児童108人)では、大津波が襲った時間に学校にいた児童は78人。このうち74人が死亡・行方不明となった。

【写真】小学生から中学生そして大学生となった哲也さん、大川小学校の校舎ほか

 つまり、生存児童は4人。そのうち当時、小学校5年生の只野哲也さん(19)は津波にのまれ、気がつくと土に埋もれていた。泥の中から必死で這い上がり、雪の中を裸足で走り抜け助かった。