健康、美容、暮らし
*

おぎやはぎが全力で遊ぶキャンプ番組スタート 冬キャンプの魅力とは(トレンドニュース(GYAO))

(公開: 2019年04月10日)




[ 元の記事 ]
出典元: イメージ画像(写真:アフロ)

お笑いコンビ・おぎやはぎがゲストと一緒にキャンプを楽しむ番組「おぎやはぎのハピキャン」が4月24日から名古屋テレビにてスタートする(毎週水曜24時59分より)。それに伴い第0回として、パイロット版が配信されている。

芸能界屈指のキャンパーであるバイきんぐの西村瑞樹が、事前に組んだキャンププラン>>

「とことんハシャグ、全力でアソブ、失敗なんてキニシナイ」がテーマのキャンプ番組「おぎやはぎのハピキャン」。パイロット版では、「キャンプ素人」のおぎやはぎの2人に加え、ドランクドラゴン・鈴木拓、モデルのみちょぱこと池田美優の4人を、芸能界屈指のキャンパーであるバイきんぐの西村瑞樹が、事前に組んだキャンププランでもてなした。

西村が提案したのは、寒い時期に行う「冬キャンプ」。共演者から「キャンプは冬じゃない」という不満がでるなか、西村は、「キャンプが1番楽しいのは冬」と言い切った。キャンプ場では、落ち葉を拾って火を起こし、お湯を沸かしてコーヒーを淹(い)れた。手の込んだコーヒーに小木博明は、「おいしい。木で沸かしたお湯って柔らかい」と満足げな表情を浮かべていた。

その後も西村は、特性のみそ鍋やアヒージョを振る舞うなど、共演者を存分にもてなし、寒空の下で西村の暖かい手料理を味わった矢作兼は、「夏より冬の方がメシうまいだろ」と冬キャンプの魅力を感じ取ったようだった。

(文/沢野奈津夫@HEW)