健康、美容、暮らし
*

シナイ半島 自衛官の“多国籍軍”派遣に「疑問」(THE PAGE)

(公開: 2019年04月22日)




[ 元の記事 ]
出典元: [写真]4月19日から11月30日まで陸上自衛官がシナイ半島の多国籍監視軍に派遣される(Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

「安全保障関連法」で可能になった停戦監視などの自衛隊の活動が中東で始まります。「国際連携平和安全活動」と呼ばれ、4年前の法改正で新たに設けられました。具体的には「多国籍監視軍」(MFO)に自衛官を派遣しますが、元外交官で平和外交研究所代表の美根慶樹氏は、これは国連の「平和維持活動」(PKO)の延長のようなものではなく、多国籍軍への参加であり、日本が国際紛争に巻き込まれる恐れがあると警鐘を鳴らします。美根氏に寄稿してもらいました。

【図表】そもそも「安保関連法案」とは? PKOや他国軍の後方支援をどう規定