健康、美容、暮らし
*

大阪市・松井市長が定例会見5月16日(全文2)北海道行きの日程を調整中(THE PAGE)

(公開: 2019年05月26日)

[ 元の記事 ]
出典元: 「政党ですからやはり誠意を持った対応が必要」と、北方領土の元島民らに謝罪する理由を説明する松井市長

大阪市の松井一郎市長は16日、定例会見を行った。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「大阪市・松井市長が午後2時から定例会見(2019年5月16日)」に対応しております。

     ◇     ◇

朝日放送テレビ:朝日放送の【テラオ 00:22:10】といいます。待機児童に関してなんですけれども、いろいろウェルカム事業とかされている中で、今年、吉村市長が発表してたものとしてはUSJの年パス程度のものを出すっていうような話もあったんですが、現時点でそういった目玉というかの政策を打ち出されたことの効果みたいなものは出ているのでしょうか。

松井:そのことで要は人材が増えてると。

朝日放送テレビ:そうですね、問い合わせとかが増えているとか、申し込みが増えているというようなことは、現時点ではあるのでしょうか。

松井:それはちょっと具体的に、担当のほうどうですか。

B:こども青少年【教育**** 00:22:49】、【クドウ 00:22:50】でございます。年間パスポート、ウェルカム事業の件ですよね。それについては予算ベースしたときにも各自治体からいろいろと問い合わせのほうあります。具体的にこの事業については今後、特に西日本中心に各保育士の養成施設、われわれPR活動してまいりまして、保育士さん、こちらを探しに来ていただくようPR活動行ってまいりたいと思っています。これからやっていきたいと思っております。

朝日放送テレビ:もう1点、おととしの段階では去年までにゼロを目指すと吉村市長おっしゃっていたんですが、松井市長、今年もちょっとゼロではなかったということですけど、具体的にいつまでにゼロにしたいという目標はありますでしょうか。
本文:5,690文字

この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。