健康、美容、暮らし
*

大阪市・松井市長が定例会見5月30日(全文3完)今の住民サービスは当然引き継ぐ(THE PAGE)

(公開: 2019年06月01日)

[ 元の記事 ]
出典元: 記者からの質問を聞く松井市長

大阪市の松井一郎市長は30日、定例会見を行った。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「大阪市・松井市長が定例会見(2019年5月30日)」に対応しております。

     ◇     ◇

朝日新聞:朝日の【マスダ 00:46:56】です。関連でなんですけど、堺市民の方に都構想の成り行きを見ていただければというお話、市長されているんですけれども、松井さん自身、代表としては堺市が都構想に加わってもらったほうが、都構想の質が上がるとか、良くなるとか、その辺りはどのようにお考えなのでしょうか。

松井:これはまず、広域の事業、広域の施策、政策については、堺市は、われわれ府市でやっている、今の副首都推進本部会議に参加をして、一体であるべきだと。これは、僕は大阪市長として大阪市が良くなるというよりも、隣の堺市も良くなることで大阪市はさらに良くなると。そういう立場でものを言っています。

 もう1つは、大阪市や大阪府、大阪市の立場に立つと、竹山さんがやっていたときは全然入ってこなかったけど。かといって大阪市の成長とかにぎわいが阻害されたとは思っていません。大阪府と大阪市が一体になることによって確実に大阪は成長しているんだから。でも、僕はついこの前まで知事だったんだからね。
本文:7,200文字

この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。