健康、美容、暮らし
*

「なんでも知ろうとしないで!」内田理央の彼氏に対しての一言に共感の声/「向かいのバズる家族」第9話(トレンドニュース(GYAO))

(公開: 2019年06月03日)




[ 元の記事 ]
出典元: (C) ytv

読売テレビ・日本テレビ系「向かいのバズる家族」第9話が、5月30日に放送された。主人公・あかり(内田理央)が彼氏の涼太(白洲迅)に対して言った言葉が共感を呼んでいる。

【無料配信】「向かいのバズる家族」最新話を配信中>>

“バズる”とは、SNSで拡散されて多くの人に広まること。平凡な一家・篝(かがり)家の長女・あかり(内田理央)、母・緋奈子(高岡早紀)、父・篤史(木下隆行)、あかりの弟・薪人(那智)には、それぞれ家族なのに知らないSNS上での本当の姿があった。家族がバズった先にある物語とは―――。

抱えていた思いを打ち明け合ったことで、篝家は解散してしまった。あかりはネットカフェ生活、緋奈子はホテル暮らし、篤史は仕事場で寝泊まり、薪人は友人宅へ。浮かない表情のあかりに、彼氏の涼太から「明日、会えますか?」とメッセージが届いた。

翌日あかりは、「今日は笑顔で」と自分に言い聞かせて涼太の元へ。清潔感あふれる好青年の涼太は、真っすぐな性格から「もっと話してください。あかりさん、自分の昔のことあんまり話してくれないから」とあかりとわかり合おうとする。しかし、あかりはそんな涼太に困惑気味。涼太が「僕は、あかりさんの全部を知りたいんです」と続けると、あかりは「なんでもかんでも知ろうとしないでください。私の全部なんて知られたくない」「私は涼太さんの全部なんて知らなくていい」と拒絶してしまった。

お互いの全てをわかり合おうとする涼太だが、あかりには知られたくないことがあった。理想の恋人像の食い違いで生まれたシーンに、ネット上では「あかりの気持ち超わかる」「彼氏にだからこそ、知られたくないことはある」「悪気ないんだろうけど、涼太は理想を追いすぎかな」などあかりに共感の声が上がっていた。

(文/沢野奈津夫@HEW)