健康、美容、暮らし
*

大久保佳代子、“元夫殺しを自首した女社長役”で称賛の声/「緊急取調室」第7話(トレンドニュース(GYAO))

(公開: 2019年06月03日)




[ 元の記事 ]
出典元: 大久保佳代子/May 28, 2007 NHK Hall, Shibuya, Tokyo, Japan(写真:アフロ)

5月30日に放送されたテレビ朝日系「緊急取調室」第7話に、お笑いタレント・大久保佳代子がゲスト出演した。元夫を殺したことを自首する女社長という難役を演じて、視聴者から好評を博している。

大久保佳代子、“元夫殺しを自首した女社長役”「緊急取調室」第7話を配信中>>

天海祐希が主演を務める「緊急取調室」は、取調室という“密室の戦場”を描いたミステリードラマ。第7話では、宝石販売会社の敏腕社長・伴佐知恵(大久保佳代子)が「別れた夫を殺した」と遺体のインスタント写真まで持参して自首しにきた。取り調べを担当することになった真壁有希子(天海祐希)ら緊急事案対応取調班に対して、佐知恵は、「悪いことをした以上、罪を償わなければ幸せになれないと思いました」と神妙な面持ちで打ち明ける。彼女は、罪を償った上で、23歳年下のイケメン販売員・若杉純(稲葉友)と再婚する予定なのだという。

ドラマ出演の経験自体はある大久保だが、なんといっても今回はメインゲストである上に、セールストークを武器に会社を大成長させた女社長役ということでセリフの量も大変なもの。「これは集中して取り組まないと……と思って、飼ってるワンちゃんも実家に預け、撮影期間中の1週間は深酒もせず、めちゃくちゃ規則正しい生活をしたんです! はかってないけど、800グラムくらい痩せたんじゃないかな……」とコメントしている。

刑事の玉垣松夫役を演じる塚地武雅は放送前にTwitterで、「#天海祐希 さんとの膨大な量の言葉の銃撃戦!見ていて流石だなーと。役柄もハマってて、堂々としてて見応え充分!」と大久保の演技を称賛していた。また、視聴者からも「大久保さんの演技がリアルすぎて苦しい…」「大久保さんだからこそリアルになる役だね…」「演技がどうこうではなくすごいリアル」「大久保さんに泣かされる日が来ようとは」といった声が上がっており、大久保の熱演は見る者にしっかり伝わったようだ。

(文/原田美紗@HEW)