健康、美容、暮らし
*

アイドルの原点に戻った新生AKB 4年ぶりの単独ツアー7月スタート(東スポWeb)

(公開: 2019年06月17日)




[ 元の記事 ]
出典元: 向井地からの手紙を読む岡部麟 (C)AKS

アイドルグループ「AKB48」が14日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた劇場公演で7月から全国ツアーを開催すると発表した。AKB単独でのツアー開催は約4年ぶりとなる。

 同ツアーは、7月7日に大阪・NHK大阪ホールで開幕。宮城、広島、埼玉、神奈川、福岡、愛知、東京、千葉と回り、10月22日の北海道・苫小牧市民会館まで10か所で20公演を予定し、出演メンバーはツアー独自の選抜メンバーや各チームごとなど、公演によって変わる。

 この日、公演を行ったAKBチームAキャプテンの岡部麟(22)が、48グループ総監督の向井地美音(21)からの手紙を読み上げる形で「(前総監督の)横山由依さんが言い続けていたことがついに実現できることになりました。AKB48として約4年ぶりとなる全国ツアーの開催が実現します」と喜びを伝えた。

 すでに向井地や柏木由紀(27)がスタッフと打ち合わせを進めており、セットリストなどライブ構成もほぼ完成しているという。

「現在のAKBは黄金期を支えたメンバーが卒業し、知名度のあるメンバーは柏木ら一部のみ。その柏木も卒業が視野に入っている。だからこそ、全国ツアーは今後のグループを担うメンバーを知ってもらう絶好の機会になる。パフォーマンスや個性でファンを魅了できるかが鍵になる」(出版関係者)

 乃木坂46や欅坂46など「坂道グループ」の台頭もあり、メンバーは“アイドルを楽しむこと”を忘れがちに。向井地らは「メンバーやファンの皆さんと一緒に、楽しく、活動すること」というアイドル活動の基本を改めて意識し、グループの結束を固めているという。全国ツアーでどんな“新生・AKB”を見せることができるか。