健康、美容、暮らし
*

【中継録画】九州で大雨 気象庁が今後の見通しについて会見(THE PAGE)

(公開: 2019年07月07日)

[ 元の記事 ]
出典元: [画像] 気象庁が午後2時の会見で発表した資料の一部。大雨による土砂災害などに厳重に警戒してください等と呼びかけている

気象庁は2日午後2時から記者会見を開き、梅雨前線による大雨の見通しについて説明する。

【動画】九州で大雨 気象庁が今後の見通しについて会見

 活発な梅雨前線の影響で大気の状態が不安定となり、九州南部を中心に断続的に激しい雨が降っている。気象庁によると、6月28日から2日午前11時までの総降水量は、宮崎県えびの市で778.5ミリ、鹿児島県薩摩川内市で596.5ミリ。これまでの雨で地盤が緩み、土砂災害の危険が高まっていることから、気象庁は警戒を呼びかけている。

※会見の模様をTHE PAGEのYouTubeチャンネルでライブ配信します